うつ病にかかってしまう原因というのは千差万別ですが、その多くはストレスと生活習慣の乱れによります。

検査も含めその当たりの基礎知識についてお話ししましょう。

■ストレスと生活習慣がうつ病の発生源。

うつ病は、長い時間をかけてストレスが蓄積しそれが原因となってあるとき何かのきっかけで発病するパターンと、一時期に本人が思いもよらなかった出来事が重なり、それが原因でいっきにうつ病を発症するパターンがあります。

いずれの場合もストレスが要因とされています。

またストレスを発散するために暴飲暴食や過度のアルコール摂取を繰り返すとそれが生活習慣病になり、うつ病にもつながります。

■自分を追い詰めず規則正しい生活を。

医学的にどのようなメカニズムでうつ病を発症するか、明確な答えを出すまでには至っていません。

予防法としてはストレスを溜めないこと、自分を追い込んだり責めたりすることが多い生活、あるいはそうした性格であるなら、それを改めることです。

なかなかむずかしいでしょうが、規則正しい生活と食事のバランスにも注意が必要です。

疑わしい兆候が出たら自己判断で先延ばしせず、最寄りの心療内科で検査を受けましょう。

■心療内科では簡単な問診とテストで、うつ病かどうか、その傾向があるかを判断してくれます。

検査自体は10分~15分で済みます。

自分で日頃から注意していても、理想的な予防生活は送れないものです。

万一自分に疑わしい兆候が出たら迷わずに心療内科を受診しましょう。

参考サイト…https://ranking.goo.ne.jp/column/article/3791/

検査を通じて生活改善や食生活のアドバイスも受けられます。

検査は早いほど改善も早まります。